2011年08月25日

ファームウェア的に嘘っこUSBホスト

めぐりむです。C80はお疲れ様でした。
 
C80でネタにした、嘘っこUSBホストの回路図とソースコードの備忘録です。
ハード的なUSBホストコントローラを内蔵しないPICマイコン『dsPIC30F3012』に、
USBホスト的な処理をファームウェアでさせてみました。
因みにフルスピードデバイスまで対応しています。
 
c80_usb_host.png
RC14がD+、RC13がD-で、これらがUSBの信号のIOとなります。
RB1とRB0には、目視確認用にLEDをぶら下げましたが、これは別に無くても良しです。
RB5とRB4には、RS232Cでの確認用。先にはいつものMAX232をぶら下げていますが、絵では省略。
ソースコードはc80_usb_host_src.zip
USBキーボードをつないでキーを叩くと、そのUSBキーコードをシリアル57.6kで送ってくれます。
私が確認しているキーボードは、
・ロースピードなもの:Das Keyboard
・フルスピードなもの:HHKB Professional
・フルスピードでハブがついているもの:HHKB Professional2
となります。
#キーボードは壊れる可能性があるので自己責任で。
 
dsPIC以外のマイコン使いの人でも、嘘っこでUSBホスト組む際の参考になれば。
 
以上となります。
#無線化は難易度高そうなので、定期的に備忘録を書いて、進捗管理しないとまずそうですね。
posted by めぐりむ at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | PIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺の理解力が足りない?
タイマー処理が抜けてる
ような気がする
ソースの読み間違いだったら
すいません
Posted by マイコン初心者 at 2013年07月12日 14:29
読み間違いではなく
sファイルが何なのか知らないほどの
初心者ってことでした
自己完結してしまいました
お騒がせしてすいません
Posted by マイコン初心者 at 2013年07月12日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222154694

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。